桐と暮らす贅沢と優雅

タシロ産業のサイトへようこそ

桐板体に優しい健康の家づくり

調湿作用
桐は外気に敏感で、湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥してくると放出するなどの調湿作用があり、健康的で快適な居住空間を創ります。

断熱効果
木の細胞と細胞のすきまには空気の層が有るので熱伝導率が低く、断熱効果があり冬暖かく、そして、夏涼しい、住み心地が良く、省エネにもなります。

クッション性
桐は他の木材に比べ柔らかく、そして、空気の層が適度なクッションとなり、衝突した時の衝撃を吸収し和らげます。(子供、老人の部屋に最適です)

復元性
大変柔らかい材質なので、キズが付きやすいが、ぶつけたへこみ傷程度は、その部分に水を含ませ、その後でアイロン、コテなどで容易に復元することも出来ます。


商品例

タシロ産業株式会社

トップページへ